So-net無料ブログ作成

ヒョウモンダコを食べると猛毒は大丈夫なの? [ニュース]

猛毒で危険なヒョウモンダコですが、食べることはできるのでしょうか。

毒を取り除けば食べられなくはないですが、小型なことと、とりわけ美味であることもないので、食用になることはありません。
わざわざ猛毒を持っているヒョウモンダコを食べる必要もありませんし。


特徴は、それほど大きなタコではなく、10㎝程度の大きさです。
岩場などに生息していますが、潮に流されて海水浴場にいることもあります。
刺激すると青い斑点が浮き出ます。その模様がヒョウのようなのが名前の由来です。

ダイビングの時に遭遇してかまれたり、間違って釣ってしまった時にかまれる恐れがあります。

唾液に猛毒があります。これはフグの毒で有名なテトロドトキシンで、死に至る怖い毒です。

もともと太平洋側に生息していたのですが、最近の地球温暖化の影響でそれ以外の海域でも生息が確認されています。
島根県ででは目撃情報が多数寄せられていて、海水浴シーズンを前に注意を呼び掛けています。

とにかく見つけても触ったりしないで、刺激もしないでそーっとしておくことが大切です。
青酸カリの約1000倍の猛毒で、毒が脳に回って呼吸困難を引き起こします。日本では例があませんが、海外では死亡事故も起きています。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。